新高梨・・・ 高知県の梨・今村秋と新潟県の秋天の川を昭和2年に菊池秋雄博士が命名発表した大果で貯蔵性のある晩生系の梨です。
●一般的特色
450g〜500gの大果。
早取りしたものは貯蔵が可能な品種です。
◎古宇田農苑の特色
晩成種で甘味が強く、シャリッとした歯ごたえがあるジューシーな梨です。
果粒は大きいもので1kgを超えます。

当苑の新高は、水はけの良い有機質の土壌で育った、糖度14を超える大変甘くて舌ざわりの良い自慢の一品です。
大きくて見栄えも良いので、よく、ご進物に購入されます。
◆ひと言
この梨は早めにもぎとりますと長く貯蔵できますが10月下旬まで実らせて完熟させますと日持ちはよくありません。
■アラカルト
・梨の角切りを大根おろし、レモン酢に和えて召し上がるととてもおいしいです。
・梨には肉のたんぱく質を分解させる酵素を多く含んでいるとされ、果汁は韓国料理の焼肉のタレ「プルコギソース」によく用いられています。

ホーム