その4・・・しばらく火を熾し、炭がおきたらその部分に灰をかけて
燃焼を持続させます。
注意として燃焼していない炭の黒い部分に
灰をかけると不完全燃焼が起こり、一酸化炭素中毒になりますので
ご注意下さい。火鉢は必ず通気性の良い場所でご使用下さい。


最初に戻る 戻る 次へ ホーム